自動車に標準装備されている機械

車内の温度を快適にしてくれる日射センサー

街中の街灯で暗くなれば自然に点灯して、太陽が出てきて明るくなると自然に消えますが、エアコンの中でも日射センサーが働いています。エアコンの電源を入れるときに昔だったら寒いと思えば暖房を入れますし、暑いと思えば冷房に切り替えてその動作はリモコンで行いますが、日射センターは自動検知して動かします。どこに使われているかといえば、主に車の中が多いです。将来、車は無人運転になるのではないかといわれていますが、一足先に日射センサーが車の中で活躍しています。カーナビも音声で道案内してくれるようになり、目的地まであと何分と伝えてくれるようになりました。日射センサーもそれに近いような形で、自動的に車内の状況を感知してエアコンを作動させていきます。元々は気象観測システムに使われていて、昼間の太陽の明かりが何時間なのかを測定していました。日射センサーの中のダイオードが検知して動かしています。ダイオードのサーモスタットの役割は身近な例でいうと、熱帯魚の水槽の中に入っています。水温が低くなればヒーターをオンにして、設定した温度になればヒーターをオフにするというものです。日射センサーもそれと似たような動作をして、車の中の温度を快適に保つようにしてくれています。

車内への設置が目立つ日射センサー

日射センサーは自動車の内部に設置されるケースが、多く確認されています。日光の当たり具合をセンサーによって検知しながら、車内の空調機能を正常に作用させることが大きな目的として挙げられており、車の中で快適に過ごすことに役立てられています。日射センサーがうまく機能することによって、冷暖房の働き具合を適切にコントロールすることが可能となるため、自動車を運転するためには欠かせないと考えられています。
光の当たり具合や日航の強さなど、センサーで感知できる要素は複数あるとされています。そのため、柔軟に日射センサーから出る結果に応じて、冷房、暖房の働きの強さが調整でき、乗車している人が快適に感じる状態をキープすることにも繋がるのではないでしょうか。空調が円滑に作用することにも関わっているとみられています。
現在では大半の自動車にこの日射センサーが取り付けられていることから、車内の空調の仕組みを良好に保つことに役立てられています。車内が暑すぎず寒くなり過ぎないように空調がうまく働くためには欠かせないものであるため、今後も日射センサーを上手く活用することが求められています。また、センサーの機能が正常であることも、車を運転する場合には重視されると考えられています。

大震災以降、新エネルギー対策として、太陽光発電が増加傾向にあり、太陽光発電計測システム向けもご紹介しています。 フィールドプロは、チャレンジ25に参加しております。 当社では、ロープライスで信頼性のある気象観測システムをご提案しております。 新エネルギー開発にも力を入れ、将来性のある計測機器の開発や販売業務を行っております。 日射センサーとはエアコンのセンサー一種

What's New

2017.11.17
日射センサーが与えてくれる恩恵を更新。
2017.11.17
室温を適した温度に管理してくれるを更新。
2017.11.17
高度なテクノロジーで生活をサポートを更新。
2017.11.17
日射センサーとお金を更新。