高度なテクノロジーで生活をサポート

車のエアコンから気象観測迄利用

最近の機器技術には多くのセンサーが使われておりますが、そんなセンサーの中には日射センサーと言われる日射量の強さを知る為に使われるセンサーが有り、最も多く利用されているのが車や家庭用等のエアコンになっております。特に最近の車に搭載されているエアコンはオートエアコンが主流になってきている為、搭載されている日射センサーも様々な形状で、コネクター一体型の物や価格も低く抑えられた物まで幅広く販売されております。この日射センサーは検知した日射の強さによってエアコンの設定温度や強さを自動で調整できる様な構造となっております。又、自動車のエアコン以外の用途としては太陽光発電や気象観測等での利用が進んできております。太陽光発電はエコブームにも乗り、一般家庭でも導入が進みましたが、太陽光発電設備導入に当たっての国の補助金制度も終了してしまい、設置の伸び悩みが感じられております。但し、太陽光発電への利用は、発電装置その物への取り付けでは無く、日射量と発電量の検証用として利用されております。又、気象観測の分野では、近年特に言われ始めている異常気象が多く観測される事から、日射の強さとの関連性や、それに伴う局地的なゲリラ豪雨等の観測にも多く活用される様になってきております。

人が知らない場所で活躍

日射センサーというものをご存知でしょうか。
恐らく日射センサーと聞いてもあまりピンと来ない方が多いのではないかと思います。
日射センサーというのは、実はエアコンの内部に設置されているセンサーの1つで、省エネ機能のひとつでもあります。
では、日射センサーには具体的にどのような効果や役割があるのか。
そもそも日射センサーには日差しの強弱を察知するという機能があります。
それによって日差しによる高温などを察して、快適な室内になるように制御してくれるのが日射センサーの役割なのです。
このような特性から、日射センサーが最も活躍するのがカーエアコンです。
車の内部というのは日差しによる影響を受けやすい空間で、日差しの強い日など屋根のない場所に車を停めておくと内部が信じられないくらい高温になることがあらと思います。
そんな場合にこそ、日射センサーの出番なのです。
日射センサーなら車の中に入ってくる日差しの光量を察知してカーエアコンを制御してくれるので、車の中を常に快適な状態に保つことができるのです。
このように、耳に馴染みがない日射センサーというものは、実はほとんどの人が知らない場所で大いに活躍してくれる便利なものなのです。

What's New

2017.11.17
日射センサーが与えてくれる恩恵を更新。
2017.11.17
室温を適した温度に管理してくれるを更新。
2017.11.17
高度なテクノロジーで生活をサポートを更新。
2017.11.17
日射センサーとお金を更新。